にきび治療と治し方・予防について

スポンサードリンク

にきび治療と治し方・予防について

にきび,治療,治し方,予防,,,

ニキビ治療と予防について考えましょう。

 

 

毎日のお手入れ、そしてちょっとした習慣でずいぶんと
違ってくるものですよ。

 

せっかくですから良い習慣、身につけたいですよね。

 

目指せきれいな素肌!!

 

 


にきびとは

にきび(にきび(面皰)英語:acne)とは皮膚が炎症した性疾患でアクネ、またはざ瘡(ざそう)ともいいます。

 

 

「ニキビ」という言い方は一般的に未成年のものに限って使われ、成人のニキビは
「吹き出物」といわれています。大人ニキビともいわれます。

 

 

青春のシンボルなどといわれますが、やはり炎症をおこすとあとあと面倒になります。

 

 

私自身も高校生の時はニキビに散々悩まされたくちです。

 

 

今ではにきびはほとんど出ませんが、やはり寝不足であったり、体調が思わしくない時になると、とたんに肌に出てくるようです。

 

 

健康のバロメーターだともいえるんじゃないでしょうかね。

 

 

特に若い人はニキビが出ていてもそれはそういう時期なので気にしないで、ともいいたいのですが、やはり顔は目立つだけに気にならない、というのも無理な話しだと思います。

 

ですから、必要以上に気にはすることなく、それでも改善できるものは、しっかりと治していきましょう。

 

 

■にきび治療の現状

 

 

ニキビも子供だけではなく、大人になってからも大人ニキビで悩んでいる人も多いです。
また頻繁に再発を繰り返す人もいるようです。

 

・病院での治療の多様化
ケミカルピーリングをはじめとして、PDT療法、クリアタッチ治療といった
新しい治療も続々と誕生しています。
一般の皮膚科以外でも、美容皮膚科やニキビ専門の皮膚科もあって、多様な診療が受けられます。
ただ保険適用外の治療もあって、その場合だと非常に高額になります。

 

・治療薬
外用薬や市販のにきび治療薬をみてみても、プロアクティブといった定番の商品から、
薬用ネクアのように肌質ごとのタイプを見極めた商品であったり、ニュートロジーナのような
海外で人気のある商品が、日本に輸入されてきたり、というケースもあります。

 

・その他の問題
また、外用薬や病院での治療に頼り切っている人は、普段の食生活であったり、ストレスコントロールといった
不摂生の日常化を当たり前のようにおこなってしまっているようです。

 

 

もちろん医院での治療や内服薬、外用薬といったものは、効果を発揮するものが多いのですが、

 

根本的な解決策にはなっていません。

 

皮膚は心の鏡といわれるように、目に見えない部分が要因になっているケースがかなりあります。

 

それらの問題をひとつひとつ解決していくことも大切です。

スポンサードリンク
更新履歴